FC2ブログ

妄想∞すてーたす

∞の現実ネタを取り入れたBL二次小説を創作しております。主にやすば中心ですが、メンバー全員愛してます。

endless LOVE ∞ 亮すば

.






ふいっと顔を背けられて俺はショックで立ち尽くしてしまう。

やってもーた。




「ちょ、すばるくん」



「………………」




無視か。
完全に俺のせいでご立腹なようで、俺は朝から終始無視される。
理由はたぶんあのことやとは思うけど、聞くことも出来んからどうしたらいいもんか。



ああ。
章ちゃんと楽しそうに話すすばるくんの背中見つめて項垂れる。



「なに?すばると喧嘩でもしてるん?」


聞こえてきた声に俺は隣の横山くんを見上げる。
ちょっと強めに睨みつけるように。



「え、俺が悪いん?」

「横山くんやろ?俺が福岡の夜に誘ったとか言うたん」


「あ、あー、そうやな。すばるに言うてもうたわ」



最悪やー。

別にこれといって理由もなく、ただ毎年福岡で横山くんと飲んでるから今回も誘わなあかんのかな?とか思って連絡したんや。
ただそれだけ。

すばるくんがなんか調子悪そうなんは気づいてた。
でも、俺が行っても嫌かな?とか気にして気付かんフリしてたんや。



お見舞いとか言うて行っとけばよかった。


なんで、横山くん誘ってもうたんやろ。




てゆか、俺も誘って無視されてるけど。




「うわー、やっぱ横山くんむかつくわ」


「何これ、八つ当たり?」


「ちゃうし!ほんまに横山くんのせいやねん!」





呆れて手を挙げる横山くんはどうでもいいとして、俺は今日1日をどう乗り切ったらええんやろ?



すばるくんに無視されるLIVEとか出来る気がせえへん。

でも、LIVEを疎かにするんがすばるくんは一番嫌がるやろうから………
やるしかないよな。






時間は呆気なく過ぎていく。
俺がこんなにも悩んでるのにすばるくんは気球に乗ってマルと楽しそうで、ああ、いいなあって羨ましそうに見てしまう。


だってほんまにすばるくんにだけは嫌われたくないねん。



章ちゃんに大丈夫かー?って頭ポンってされてもLIVE中は泣きつくことも出来んし、
むしろそんなことしたらもっと怒らせてしまう。



すばるくんってああ見えて嫉妬心が強いというか、寂しがり屋さんというか

まあ、とにかく可愛い人やねん!!


だから、俺が離れてしまうとすぐ他の人に甘えていっちゃうし、気が気じゃない。




てゆうかマル近すぎやろ。



「…………っ」



「亮、あぶない!」



思わず乗り出した俺を村上くんが引っ張ってくれる。
そんな騒ぎに気付いたのかすばるくんがチラッと見てくれた、けど

無視ですよね。



「落ちたほうがマシかも」


「いや、それは困るから」



俺の言葉に村上くんが焦って怒る。
なんぼ怒られてもいい。
そっちの方が気持ち的に楽や。

すばるくんに嫌われること考えたら何でもできる。





何の成果も得られず時だけが無情に過ぎていく。


最後の自分がつくった元気が出るSONGの時間。

俺はいつも以上に心を込めて歌う。



"笑ってる君の隣に僕はいたくて"

"楽しそうなその横顔ずっと見ていたくて"



"やわらかな空気が運ぶこの時間が"


"また僕を強く優しく包み込むよ"




「………………」


メンバー全員で手を繋いで深くお辞儀をする。
たくさんのファンの方に見送られ幕が閉じていく。



すばるくんは楽しそうに目の前に広がるたくさんの人達に大きく手を振って、ありがとう!と叫んでて、


そんなすばるくん見てたら



俺は


思わず抱きしめてしまった。





「………っ亮」



びっくりするすばるくんを抱きしめたまま幕は閉じた。
すばるくんは何事かって俺を見つめてくる。
俺はわけわからんままギュッて力込めて包み込んで、肩に頭を埋める。




「ごめん」


「…………」


「俺を嫌いにならんとって」




他のメンバーに聞こえないくらいの声で囁く。
すばるくんはビクッとなり、離れた俺の顔を覗き込んでくる。


そして、静かに笑ってくれた。








「なんちゅー顔してるん」



「………だって、すばるくんが」






その笑ってくれる顔が優しすぎて、俺は泣きそうに呟いてしまった。




"笑ってる僕の隣にはいつも君がいた"




「嫌うわけないから、大丈夫や」


「………うん」




"嬉しそうな僕を見て君はまた笑った"


"不確かな日々に潜んだ確かな今を"


"明日も明後日もずっと繋いで行こう"



「亮、笑って」


「ん。大好きやで、すばるくん」



くしゃとすばるくんに髪を撫でられて思う。
俺にはこの人が必要なんや。



"いつか永遠と呼べるまで"





「俺も愛してるよ」


まっすぐ伝えてくれたすばるくんに俺は今日一番の笑顔を向けた。






" …これからも


ずっと一緒 "





end












スポンサーサイト



  1. 2016/01/05(火) 18:39:50|
  2. 亮すば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<Fall together ∞倉すば | ホーム | パンツ事情∞やすば>>

コメント

福岡こんなことがあったんですねー!!
いやーりょーちゃん可愛いですっ(*´ω`*)
やきもちすばるくんも可愛いっ

元気が出るSONGのりょーちゃんらしい傍にいたくてって歌詞がすごいいいですよねっ☆
更新ありがとうございます(*゚д゚*)

みんなに愛されるすばるくんがわたしも大好きです♡
  1. 2016/01/10(日) 00:27:23 |
  2. URL |
  3. ねね #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして。ちょいちょい覗いてます。赤受が大好きなんで嬉しいです。特に黒赤・緑赤・黄赤には目がありません(笑)
私も福岡ドーム行きました。最後の抱擁、よかったですよね~!これからも楽しみにしてます(^_^)
  1. 2016/01/12(火) 23:07:54 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして。こんな素敵なHPに出会えて幸せです!素敵か亮すば小説、ありがとうございます!直近の福岡ネタまであって..うれしい限りです。次の小説も楽しみにしてます!
  1. 2016/05/01(日) 22:18:18 |
  2. URL |
  3. ゆー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nsgk1102.blog.fc2.com/tb.php/93-7f4efe07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)