FC2ブログ

妄想∞すてーたす

∞の現実ネタを取り入れたBL二次小説を創作しております。主にやすば中心ですが、メンバー全員愛してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アイのカタマリ∞倉すば

.




むかつく。

あんなにベタベタして、笑顔向けられてデレデレして、好きやとか目の前ではっきり言うてるマルに俺はイライラしてる。


マルがどうやとかそんなんじゃなくて。


すばるくんにそういう事するから腹立つんやけど。




すばるくんは俺のやのに。

ぜんっぜん俺のって感じがせえへん。



ジッと睨むように2人を見つめる。

すばるくんは全く気づきもせえへんし、マルはすばるくんに夢中やし、
こんなことしても意味がないって分かってんのにやってしまう。




「大倉、顔怖い」


「……………だって。俺は悪ないよ」




隣に座ってた横山くんに苦笑いされる。




「気持ちは分かるけど、もうちょっと大人になってもええんちゃう?」


「わかってるよ。でも、嫌やん。あんなに仲良くせんでもええと思わん?」


「あれは今に始まった事とちゃうしなあ~」


横山くんは2人を見て笑ってる。
楽しそうにじゃれてる2人が可愛くて仕方ないって顔やなあ。
その視線さえ俺にとっては気に食わんのやけど。


「大倉って独占欲凄かったんやな」


「……は?」


「今も俺のこと凄い目で睨んどったで」



ああ。
確かに横山くんのことは睨んでしまったかもしれん。

でも別に、独占欲はそこまでやと思う。


何事にもそこまで執着する性格ではなかったし、諦めるんとかも早い方やとは思ってる。



でも、



「すばるくんにだけ、かな」



俺の言葉を聞き取って、横山くんは驚いたように俺を見やった。


「お前、本気なんやな」

「冗談で男と付き合えへんよ」

「まあ、それもそうか」


横山くんは俺の頭をポンと撫でて嬉しそうに笑う。



「でも、すばるのことそこまで想ってくれる奴がいてほんまに嬉しい」



その顔がほんまに嬉しそうで、俺はなんとも言えない顔でそっぽを向く。


俺の方が知ってる風な横山くんにも腹が立つ。
確かに昔のこととか俺よりは知ってるはず。
でも、今はちゃう。

もう、俺のすばるくんのはずや。


やのに、すばるくんはいっつも無防備で、俺がいるって知りながら寄ってくる人が多い。


ほら、言うてるそばからまた増えた。





「渋やーん、さっきの曲のことやけどな」




嬉しそうに寄っていくヤスの姿を捉えて溜め息が溢れた。

横山くんのいうように大人にならなつきあって行かれへんのかもしれん。

いちいち気にしてたら身が持たへんわ。




俺は立ち上がってソファへと移動し寝転がる。

もう考えんのやめて寝よう。


眠いからイライラするんかもしれん。


起きた時には笑顔ですばるくんと話せるかな。











______________________________





んーーーーーっ


伸びして起き上がる。

何分くらい寝てたんやろ?

あたりを見渡して目に入ったのは、




「…亮ちゃん?」



亮ちゃんがパソコン触ったまま視線だけをこちらへと向ける。



「起きたか?」

「…ん。あれ、みんなは?」

「撮影中。俺とお前ももう少しで呼ばれんで。その顔直しとけよ」



そう言われて俺は鏡を見やる。


そんな眠そうな顔しとる?

髪の毛とかはあんま崩れてへんけど、その表情は確かに良くなかった。



何これ。

すっごい変な顔。




「疲れとるん?そんな悲しそうな顔して」


「いや、寝起きやし、かな?」


「起きて俺やったから?すばるくんが良かった?」



亮ちゃんが楽しそうに笑う。
そんな亮ちゃんに俺も困ったように笑った。



「そうなんかな。俺ってこんな顔するんや」



弱い俺に亮ちゃんが首を傾げる。



「お前さ、分かってないようやから言うけど、顔にめっちゃ出るタイプやで」


「……え」



指差され、ビシッと指摘されて戸惑ってしまう。

そんな出てる?
俺って分かりやすい?

みんなよりはマシやと思ってた。



「ほんまズルいわあ。みんなのすばるくん独り占めして、まだ求めてるんか?」


「いや、だって、独り占めとか全く出来てないし」


「付き合ってるって形だけでも羨ましいんやけど。なんならそのポジション譲って欲しいくらい」


「それは!……あかんっ」




思わず前のめりに叫んでしまった。

亮ちゃんとの距離が近くて自分でも焦る。
やのにそのまま胸倉掴まれてもっと近い距離で囁かれた。



「すばるくん悲しませたら許さんから」



それだけ言うて亮ちゃんは楽屋を後にする。


その背を見届けて、俺はその場に立ち尽くした。





ああ、そうか。

亮ちゃんも本気なんや。
きっとマルとヤスも大好きで、横山くんや村上くんだって大事な人取られた気分なんかな。



ボーッと考えて窓の外を見つめる。




何やってるやろ、俺。








「………大倉?」





俯いてきっと暗い顔した俺に掛けられた声に反応する。

ゆっくりとした動作で顔をあげて、楽屋に戻ってきたらしいすばるくんを見つめる。



「どうした?撮影行かなあかんで」



近づいてきたすばるくんを見つめたまま、すばるくんの腕を掴む。

掴まれたすばるくんは逃げることもなく、俺と視線を合わせてくれた。





「すばるくん、」



「…………なんやねん、変な顔して」







好きや。




グッと掴んでた手に力を込めるとすばるくんは困った顔で眉を顰めた。

でも、何も言わんし、手を払うこともせえへん。



そんなすばるくんに俺は




小さく苦笑した。






「ごめん。俺はほんま子供やな」



「……大倉?」



「すばるくんが好きすぎて周りが見えてへん。独占したくて、そればっか考えてる」




ソッと手を離して抱きしめる。
優しく、壊れ物を扱うかのように抱きしめると、すばるくんの身体はすっぽり埋まってしまった。




「でも、すばるくんはみんなのすばるくんやねんな。俺のやけど、俺のじゃない。独占したいけど、それはすばるくんが困るだけやから………」



「……………」



「もっと大人になる。だから、嫌いにならんとってな」







ギュッと包み込むように抱きしめて、顔を肩に埋める。


楽屋でこんな事したらすばるくんは怒るかもしれんけど、今だけは許してほしい。

今が過ぎれば、ちゃんと大人になるから。


だから……………








「…ふざけんな」



「…え?」





思わず聞こえた言葉に俺は顔を上げる。

上ずった声で反応してしまったけど、今のは間違いなくすばるくんの声やんな?





「俺は俺のや。誰のもんでもない。勝手なこと言うな。みんなの俺ってなんやねん。お前が大人になれるわけないやろ!」



「………いや、あの。すばるくん?」





それだけ言うて俯いたままのすばるくんに俺は慌ててしまう。

思いも寄らない反応にどうしていいか分からん。




「…………俺の気持ちは、どうなんねん」




「…………っ」




「俺はお前が好きや。だから、俺はお前のもんでええんちゃうんか?勝手に決めて勝手に反省すんな!」



「…………いや、ごめっ」




「大倉は、俺がみんなのでもええんか!?」







そんなん、


決まってるやろ。





「いやや!」




嫌に決まってる。

嫌やからモヤモヤしてたんや。

ずっとそればっか考えて、そんなんじゃあかんって言い聞かせて、ずっと我慢してたのに




なんでそんな嬉しい言葉ばっか言うてくれるんや。






「好きや。すばるくんが好き」



「知ってるわ!」



「俺以外とあんまり仲良くせんとってほしい。俺めっちゃ妬くねん。自分でもこんななるって思わんかった!すばるくんのこと独り占めしたいなんか、そんな子供みたいなこと思うんやで…………最悪やろ!?」




一気に思ってたこと伝えて、

俺の顔が必死すぎたんか、



すばるくんは噴き出すように笑った。




「最悪やなんて思わんよ。それだけ俺のこと好きなんやろ?」



「うん。ほんまに、気持ち悪いくらい好きやと思う!」



「やったら、俺にとっては嬉しいはずや」





満面の笑みを向けられて、


可愛すぎて、



俺は抱きしめる腕を離したくなくなった。




こんな顔誰にも見せたくない。



俺だけのすばるくんでいてほしい。







でも、たぶんそれは難しい話で

俺もすばるくんもそれは分かってるはずやのに


今なら簡単なことなんかな、って思えてしまう。






「なあ、大倉」



「ん?」








「俺は帰るから、あとは宜しくな」





は?

すばるくんの言葉に俺は少し考えて周りを見渡した。


周りには、楽屋に戻ってきたメンバーが各々で待機されてて

目が、明らかに据わってらっしゃる。





「ちょ、すばるくん!」



「おつかれさまでしたー!」




みんなに笑顔で挨拶して出て行った俺の愛してるすばるくん。

そこに残された俺はもう既に村上さんに首根っこ掴まれて
笑顔を向けられている。




「どういうことか説明してくれるか?」





もしかして、


村上くん何も知らんってことないよな?




チラリと横山くんに助けを求めるが、手を合わせてゴメンのポーズで遠くに逃げる姿が見えた。


言うてないんや。


ああ

これ、終わったな。







それから数ヶ月間。


俺はすばるくんと二人きりで会話する事さえ許してもらえなかった。





end

スポンサーサイト
  1. 2015/08/13(木) 15:40:48|
  2. 倉すば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<「酒には飲まれても恋には溺れるな」∞やすば | ホーム | 好みのタイプ∞やすば>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/08/13(木) 20:17:53 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nsgk1102.blog.fc2.com/tb.php/88-2150e253
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。