FC2ブログ

妄想∞すてーたす

∞の現実ネタを取り入れたBL二次小説を創作しております。主にやすば中心ですが、メンバー全員愛してます。

独りじゃないよ。

.





真夜中の公園。
何をするでもなく佇んで、静寂の中目を瞑る。

当たり前のように何も見えなくなって、何も考えず無になろうと深呼吸。

別に。
何かあったわけじゃない。
悩んでるわけでも、決して。

ただ、
こういう気持ちになることは少なくなくて、ひとりじゃないのに独りになりたがるというか。
勝手な自分の本能的なもの。



「…………………」




もう、冬や。
さむい。
帰らなきゃ。

分かってるのに進まない足取り。
無になっても追ってくるものはなんやろう。わからん。
…わからん。

たくさん考えた、はず。
それやのに答えは全くまとまらず、
きっとどれも正解ではないんやろうってどこかで思ってる。
わかってる。…わかる。


俺はアホやけど、そんなんも分からんほどアホじゃない。


「…………アホのがええ」



夜空見上げて呟いた言葉が風に流れていく。
たくさんのモノが自分を笑っているような。嫌な気持ちになる。
眉間にシワを寄せて地面に目を伏せた。


そんな時に響いたのは携帯で。
おもむろにポケットを漁る。
それは電話ではなく、LINEやった。
みんなでグループLINEしよう、とヤスに勝手に登録されたことが頭に浮かぶ。
よく分からんまま俺は放置してたけど、みんなはたまに送ってくる。

必要事項であったり、しょーもないことやったり。
そう思うと自然と笑みが零れてることに気づいた。




"誰か、モンハンしようや"




そんなヨコからのLINE。
たわいのないやり取りを、俺はソッと眺めてしまう。



大倉 "今から?"

錦戸 "明日、めっちゃ早いで?だいじょぶなん?横山くん起きれる!?"

横山 "ちょっとだけや"

丸山 "裕ちん絶対ちょっとで終わらんやろー(*´ω`*)"

安田 "ほんま、それー"



みんなからの返事が早くて、こいつら暇なんかなあ、って。
そう思いつつもなんか癒されてまう。
外はこんなに寒くて、息なんかも白くなりつつあんのに……
なんでこんな温かいんやろうなあ。


渋谷 "ええよ。ひと狩りいこ"


そう送って足を踏み出す。
公園をあとにして、振り向くことはない。空を見上げることも。


横山 "さすが!集会所いるで"

大倉 "えー、2人行くんやったらいこかな…でもなあ、明日早いねんなあ"

横山 "待っとるからな大倉。すばるまだ?"



渋谷 "すぐ行く"


足を早めて歩く道のりがこんなにも遠いとは思わんかった。
俺は、ここに来るまでの道のりを覚えてない。ただ、真っ直ぐ歩いてたどり着いた公園やから。
そこで何もせずいらん事ばっか考えて闇の中入ってしまうとこやった。

そこから救い出したのは紛れもないメンバーで、俺はいつも助けてもらってるとまた確認する。



安田 "すぐって、渋やんどっか行ってたん?"

丸山 "こんな寒いのに!?"


相変わらず目敏いヤスに俺は苦笑する。
隠し事も出来んとかなんやねんこのメンバー。小姑か。



渋谷 "ちょっとな"


また無視したら煩いやろうと一言だけ返したら余計に意味深な言葉になってしまって、煩くなった。


安田 "渋やんあかんで!外めっちゃ寒いんやから"

丸山 "またこんな遅くに"


けど、俺のこと少しだけ分かってくれそうな亮は、有る意味優しかった。


錦戸 "別にええやん。コンビニとか行くこともあるやろ?"

安田 "あー、コンビニは行くなあ"


心配してくれるヤスと丸も、それを庇ってくれる亮も、何も言わず待っててくれるヨコと大倉も………あと




村上 "明日朝早いんやからいい加減みんな寝ろや!さっきから聞いとったら全員遅刻する気か!"


…怒ってくれるヒナも。
みんな優しくてあったかくて。
俺の心は満たされて行く。


パタンと部屋の扉を閉めて、俺は自然と流れる涙を拭う。



渋谷 "ありがとう"



俺の言葉に一瞬みんな固まったようで、LINEの進みが悪くなった。


村上 "すばる?"

横山 "何言うてんの?お前"

渋谷 "ひと狩りいこうや!もう入ったで!"


笑って。笑い飛ばして。
そりゃ人生、楽しいことばっかやないし、苦しいことのが多いかもしれん。
でもそれは俺だけがそうじゃなくて。
みんなそれぞれにたくさんのこと考えながら毎日を過ごしてる。

ただ俺はその悩みを深く考えてしまうだけで、みんなの方が実際は凄いこと抱えてるかもしれん。

そんな時はみんなで笑って、笑い飛ばして、生きて行ったらええんかなって思う。


いっぱい悩んで。
いっぱい笑って。
それの繰り返しで。

ひとりやないから、先に進める。


安田 "俺もありがとう!"

丸山 "ありがとう!"

大倉 "え、何このLINE(笑)ありがとう!"

錦戸 "サンキュー!"

村上 "なんや分からんけど…ありがとう!でも早よ寝ろよ"

横山 "気持ち悪いわ!なんやねん"


渋谷 "ヨコは?"

横山 "は?言わんよ"

安田 "素直やないなあ"

錦戸 "恥ずかしいん?"

大倉 "感謝してくれてへんの?"

村上 "冷たいわあ"

丸山 "裕ちんがんば!"


横山 "何これ!こんなとこでも弄られてたらやってけへんで………"

渋谷 "はい!横山さんどうぞ!"

横山 "……………ありがとう"



俺は携帯見つめて笑う。
きっとみんなも今こんな感じなんやろうって思いながら、心がいっぱいになっていく。


渋谷 "大好きや!!"



それだけ言うて俺は携帯を裏向けた。
鳴り響く音は無視したまま、ゲームへと目を向けると呆れたヨコがいるようで笑ってまう。

「さて、ひと狩り行くかー」

赤い目のまま意気込んで、俺はここからまた進み出す。
行く先も分からないまま、ただ、真っ直ぐに。




end
スポンサーサイト



  1. 2013/11/24(日) 07:15:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

『ONE』∞亮すば←ヤス

.




俺の知ってるすばるくんはカッコよくてオシャレで、後輩にはもちろん優しくて、最初は少しだけ怖い印象もあったけど、そんなもん吹き飛ばすくらい根は真面目な人やった。


ずっとそう思ってた。


関ジャニ∞というグループが結成されて、同じグループやと発表された時も、俺の中で彼の存在がブレることはなかった。






「カッコええなあ」

「誰が?」

「誰って決まっとるやん。すばるくん」


俺は歌ってるすばるくん見つめて独り言。そんな俺に頷いてるのは同じメンバーの安田。



「カッコええ。確かに」
「やろ?ほんますばるくんって何歳なってもカッコええねん!」

「んー。そうやなあ。亮はほんまに渋やん大好きやなあ」



言われて、なんかちょっとだけ恥ずかしくなってもうた。



「…っええやろ、別に」
「ええんやで?渋やんがカッコええのはみんな知っとるからな」


…………。
うん。
みんな知っとるし、分かっとる。
別に俺だけが特別、すばるくんの全てを知ってるわけやない。
俺だけがカッコええと思ってるわけでもない。
みーんな一緒。
隣の章ちゃんだって満更じゃない。
ちゃんとすばるくんのこと理解して、いつも目に留めとるはずや。






「でもなあ、渋やんはカッコええだけやないねんで?」

「………え?」


何それ。
なんかさ、俺は知ってますよー、みたいな章ちゃんが面白くなくて怪訝な顔をしてしまった。
俺だって、同じくらいすばるくんのこと見てるはずやのに………

ムッとしたのは、なんでやろうか。

自分だけが知ってるすばるくんを、まるで取られたみたいな。
子供のような心情。



「渋やんは、繊細で儚い部分を持ってる。だからこそカッコええんや」


………完璧やないから。
そう話すヤスの悲しそうな、なんとも言えない表情を見てしまったら、俺は返す言葉さえ見つからんかった。

そんなすばるくん、俺は知らん。


いつでも面白くて、後輩に優しくて、カッコいい、男らしいすばるくんしか、俺は知らん。
そんな弱音みたいな部分、俺はきっと見たことがない。

だからかな。
ムッとした理由。
明確な答えなんてのは分からんけど、どっかで俺より章ちゃんの方が詳しいんやって理解してるんかもしれん。
理解してんのに、納得がいかない。
そんな些細なこと。

章ちゃんからしたら、俺のそんなちっさい気持ち、知らんがな、ってなると思う。
でも俺にとっては小さくてもそれはちゃんとした理由であって、蔑ろには出来ないもんなんやろう。



「渋やんは…………」
「すばるくんは!…………カッコええ!………それで、ええんちゃうの?」


何か言おうとした章ちゃんを遮るように声を荒げてしまった。
びっくりする章ちゃんと目さえ合わすことができない。
悔しくて、情けなくて、拳をギュッと握りしめる。


「………亮?」
「だって、カッコええやん。どう見てもカッコええとこしか見当たらんよ。優しいし、面白いし、すばるくんは…俺の憧れやから」


お願い。
俺のすばるくん。
俺から遠ざけんとって。
全部を知らないことなんて前から分かってた。完璧やないって、どっかで気付いてた。
でも、俺の好きなすばるくんは弱音なんか吐かんから、いつも強いすばるくんやから、俺は目に映るものだけを信じようと決めたんや。


人間誰しも、弱い部分は持ち合わせてる。俺かってアホじゃないし、そんくらい分かってる。
でも、そこで納得してしまったら、俺の中のすばるくんに悪い気がして…
こんなにも憧れてるのに、勝手に穢してるみたいで。
すばるくんが俺に弱音を見せないのは、それは知られたくないからじゃないか?って思うから。

だからこのままカッコええすばるくんを信じさせてほしい。



「うん。渋やんは何よりもカッコええよ。亮の言うとおりや」
「…章ちゃん。ごめん、…」
「何が?俺アホやからなあ、分からんわあ」

あっけらかんと笑われて俺も笑ってもうた。
章ちゃんだって、すばるくんのこと大好きやのに…なんや悪いことしてもうた。
俺だけのすばるくんやないのに。
章ちゃんに我慢させた気がして、俺は苦笑してまう。



「俺、ほんま子供やんか」
「いや、ある意味、亮は大人なんやろ?弱い部分に触れずにソッと見守れる大人!俺には到底無理やった。渋やんが求めてたんは、案外そこやったかもしれんのに…」


大きく伸びをして章ちゃんは笑う。
困ったように、寂しそうに、なんとも言えない表情を残してその場を去っていった。


俺たちはまだまだ子供なんやと思う。
たくさんの経験をしても、きっと大人になるのはまだ早い。
背伸びばっかしてる中途半端な時期なんや。


歌い終わったすばるくんがこちらへ戻ってくる。
その間に色んなやりとりが行われてたことなど知る由もない彼は、「おつかれさま、すばるくん」と話す俺に屈託のない笑顔を向けてくれる。


ああ。
やっぱりカッコええ。
カッコええよ、この人は。

もし、弱い部分があったとしても、それを隠すだけの強さも持ってる気がする。
俺らの弱い部分とはまた違う部分。

色んなことをたった一人で戦ってたんや。
俺らが簡単に理解できるわけない。
簡単にしたらあかん。

もし向き合う時が来たとしたら
その時は俺が、
ちゃんと受け止めようと思う。



いつもカッコいいすばるくん。

その全てを愛せるように。

俺はずっとこの距離感で見守っていきたい。




そう、
それでいいんや。

「………亮、なんかあったんか?」
「ううん。なんもないよ」
「ほんまか?」
「うん。……しいて言うなら、すばるくんが優しすぎるわあ、ってことかな」


笑う俺に、君は困ったように笑った。




end
とりあえず終わり。
これ続きます。たぶん。
  1. 2013/11/15(金) 23:18:29|
  2. 亮すば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Love for you.∞やすば

.





「俺な、コーヒー飲めるようになってん」
「………は?」


唐突すぎたのか、俺の言葉に渋やんは首をかしげて眉をしかめた。
不思議そうに覗いてくる双眼に俺も真剣な目をゆるく瞑って笑う。


「…コーヒー!飲めんかったやろ?」
「……やっけ?」
「そうやでえ。いっつも甘いのか、牛乳はいってるカフェオレ的なんしか無理やってんけど……最近は美味しさとか分かるようになってきてん」


嬉しそうに話す俺を渋やんはジッと見つめたあと小さく微笑んでくれた。



「…良かったやん」



少しの沈黙のあとに言われた言葉に俺も全力で笑って大きく頷いた。





それから数日が経った頃に、渋やんが俺にプレゼントらしき箱を手渡してくる。
少し無愛想に渡されて、可笑しいなって笑いながらも嬉しくて、俺は素直にその箱を受け取った。




「これ、俺に?」
「誕生日おめでとう」
「ああ!え!?誕プレ?…ありがとう!」



受け取り、それがようやくプレゼントだと気づいた俺は逸らされた目を気にすることもなく包装紙をほどいていく。
包装紙をとり、中の箱をゆっくりと取り出した俺は少しだけ固まってしまった。




「渋やん……」




小さく名前を読んで、箱と渋やんを何度も確認する。




「コーヒー……飲める言うたから。それで作ったらええと思って」
「え、あの時のこと……覚えててくれたん?」
「…ん。あんだけ言われたら覚えるわ」



そう言われたけど俺が言うたんはホンマにあの時だけで。
なんかの仕事の合間にサラッと言うた話やったから、そんな重要視されてるとは思わんかった。




どうしよう。
めっちゃ嬉しいわ。




「………ありがとう!」



嬉しくて、目がうるうるしてしまう。
幸せで心が満たされていく。


あんなちょっとした俺の言葉を、渋やんはちゃんと覚えててくれるんやな。
ほんまに優しすぎる。
優しすぎて俺の胸は渋やんでいっぱいになる。

誰かの入る隙間なんて与えないくらいに渋やんで埋め尽くされてしまう。



貰った箱をギュッと抱きしめるように見つめる。箱には渋やんの字で手紙みたいなんも書いてある。
そこに書いてある文字が頭の中にゆっくりと浸透していく。


それはめっちゃ暖かくて、めっちゃ心に染みる。



「…ありがとう」



呟いた言葉が渋やんに届いてるかは分からん。
そんだけ小さい声やったから、気付いてないかもしれん。
でも、渋やんの満足そうな笑顔が答えを教えてくれてる気がする。




"ヤス君もコーヒー飲めるようになって、また大人になりましたね…………誕生日、おめでとう"





素っ気ないのに、優しい。
その気遣いにいつも俺は揺さぶられてしまう。


わざとか、わざとじゃないか、なんてはかりようもないから、俺はそのまんまを受け取りたいと思う。

嘘でもいい。

俺のこと気にして、プレゼント選んでくれたんかな、って思いたい。
仕事の合間の事とかを去りげに見てて気付いてくれる渋やんは、ほんまに優しい人なんやろう。


優しすぎて俺はすぐ惚れ直してまうわ。





「渋やん、ほんまにありがとう」

「ん。大事にしてや」

「へへっ。もちろんや。でも、渋やんの次に、な?」




照れる渋やんに俺は笑う。
その瞬間が愛おしくてたまらない。

男相手に愛おしいとかおかしいのなんて今更やろ。
毎日のように思ってるんやから、隠すなんて出来るわけない。


このコーヒーメーカーは、渋やんの次に大切なもの。
何ものにも譲れない大事なもの。
今この瞬間も、俺にとってはかけがえのないもの。

渋やんと共に歩んできた時間も、
これから共にする時間も、
渋谷すばるというひとりの人間も、

俺にとっては強みであり、弱みでもある、自分の一部といっても過言ではない。それだけ大事なもの。




比べようにも比べるものが見当たらん。




大袈裟やって笑われても、俺はまっすぐに伝えることが出来ると胸を張れる。

俺にとって、なくてはならない存在。




貰ったプレゼントの箱をもう一度見つめて文字をなぞる。
たくさんの愛が籠ったその箱は、きっと捨てられずに部屋に飾られる。

手紙でも良かったのに、それをしないのが渋やんらしい。

これが精一杯やったんやろう。
男らしいんか不器用なんか、はたまたシャイすぎるのか。
どれもが当てはまりそうやけど、どれが答えであろうと愛しい気持ちは変わらんし、詮索するつもりもない。




「これでコーヒー飲んで、ツアーも頑張れそうや」
「単純なやつ」
「ええよ、単純でも。でも、…どうせなら素直やとか言うてほしいなあ」



笑う俺に渋やんも笑う。
あー。
なんや、幸せやなあ。



このままこの贅沢が一生続きますように。
決して調子には乗らないから。


………神様。
もし、神様がいるのなら、お願いします。



どうか、この人がずっと笑ってられますように。
その笑顔の理由に僕の名前がありますように。

僕たちを、見守っていてください。




なーんて。
さすがにメルヘンすぎるかな?
でも。
ほんまに願って祈ってるから、嘘じゃないから、そうやって思うくらい許してくれるよな。


「渋やん」
「…ん?」

「ツアー…盛り上げような」
「当たり前や。そんなもん約束せんでも勝手に盛り上がるわ」

「そうやな。みんな勝手にテンション上がってるからな」
「ん。最高のメンバーや」



気持ちの昂ぶりが手に取るように分かってまう渋やんを見てると、自然とこっちも気合いがはいる。

よし、って拳に力入れて渋やん見つめたらゆっくりと渋やんにキスされた。

ほんまに一瞬のことで俺は驚く暇もなく目を丸くして固まったまま。



「コーヒーの味がする」



真顔でそう言われても、そりゃあさっきまでコーヒー飲んどったし。
そう返す間もくれず渋やんは満面の笑みを見せてくれた。


「敵わんわ…」


渋やんの愛らしい笑顔に翻弄されつつ、俺は苦笑する。
ほんま、あかんで。
ずるい。
あんなもん勝てるわけないやんか。


"行くで"
と、進む背中はとても小さくて、
危ないな、と思う時もあるけど、
なんややけに逞しく見えてまう。

やっぱ経験が違うんかもしれん。

そうは思っても俺かって男やし、渋やんの支えにだってなりたいし、守ってもあげたいと思ってる。
誰よりも一番に渋やんの変化に気付いてあげたい。


今回のコーヒーメーカーのように。
ちょっとした一言で気付けるように。

ゆっくりと、
俺から渋やんへキスをした。


愛しい君へ
…………Love for you.



end
  1. 2013/11/12(火) 10:10:00|
  2. やすば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0