FC2ブログ

妄想∞すてーたす

∞の現実ネタを取り入れたBL二次小説を創作しております。主にやすば中心ですが、メンバー全員愛してます。

【 独占欲 】∞横すば

.





「最近、メンバーと仲ええな」



「ん~?別に前からこんな感じやろ。そんな改めて仲ええとか分からんわ」



何急に?
黙ってるヨコ見つめてそのままゲーム機に視線を落とす。
そこには止まったままのゲーム内でのキミくんがいて、不思議に思い現実の横山さんをもう一度見やる。



「どうしたん?キミくんぜんぜん動いとらんけど」

「……あ、ごめん。考え事しとった」


え?
ヨコが考え事?
なにそれ、珍しいこともあるもんや。



「そんな忘れるくらいのこと考えとったん?なに、仕事?」


「いや。そんなんじゃないけど…」



けど………
そこで終わられると気になるんですけど。
聞いた方がいい?
でも、ヨコってああ見えて繊細やからあんまり踏み込まん方がええかな。



「…じゃあ今日はもうゲームやめよか~。ヨコも早よ寝たほうがええよ」


「え、でも始めたとこやし。すばるもゲームしたかったやろ?」



「まあ、別にいつでも出来るし!それにいざとなったら大倉おるから、大丈夫やで」



ヨコのこと思って言うた言葉やってんけど、このセリフが思いの外嫌やったみたいで少し睨まれた。

え、なんで?


訳の分からん俺は困った顔で伺う。


なんで怒ってる?
なんかしたっけ?





「……ヨコ?」


「そうやねん。最近ほんま大倉と仲ええよな?」




呟くように言われて、え?と驚く。

大倉?
仲ええってゆうか。まあゲーム友達やし、メンバーやし、仲悪くはないけど。

でもそれってヨコもやんな?



「ヤスとも。めっちゃ距離近いし」


「……ヤス?」


「レコードの話で盛り上がられたら入れへんし」



いや、まあそうやな。
レコード仲間ではあるから、最近そうやね。仲良しかもしれん。
でも、やっぱこっちもメンバーやからさ、仕方なくないか?



「あと、マルも。ヒナもどっくんまでも。すっかり懐いて仲ようなっとるやん」


「まあ。同じメンバーやしな」



懐いてって。
人を動物みたいに言わんといてほしいんやけど。

それに、確かにメンバーとはどんどん仲良くなってるとは思うけど、その分ヨコとも仲良くなってるはずやし、そこは同じやと思うんやけど。



「すばるが独り立ちするんか」


「いや、独り立ちって………とっくにしてるやんか」


「すっごい寂しい。なんか頼られへんと思うと辛い」




何言うてるん、この人。
ちょっと頭おかしいって!

俺が離れてくから?
寂しいってなんでやねん!





「すばるだけは離れへんと思ってたのに…」


「…離れたつもりは、なかったんやけど」




でも。
落ち込むヨコ見てたらなんか悪いことしたんかな?って気持ちになってしまう。

でも、どうしたら正解なんやろう。

ヨコが大事やからってメンバー無視するわけにもいかんし、かといってヨコだけと仲良くするんも違う気がするし。



困って考え込んでたら…



「うわっ」



ヨコが向かってきて俺をすっぽり包み込んだ。
急に目の前が真っ暗になって、何事かと思えばよく知った香りが漂う。

ヨコ?


ヨコに抱き締められてるんやって気づいて、とりあえず動かずに様子を見てみる。





「すばる、逃げへんの?」


「うん。逃げへんよ?むしろ逃げる意味が分からんし」



もぞもぞして顔を出すとヨコの綺麗な顔と目が合った。



「逃げんと知らんで?」

「……ヨコはどうしてほしい?俺が逃げてもいい感じ?」



俺の言葉にヨコは少しだけ苦笑して俺の頭をくしゃりと撫でた。




「逃げた方がいいよって言ってあげたいけど、逃げんといてほしい」



「それ難しいな。……でも、そういうことなら逃げへんよ」



ヨコとちゃんと向き合いたいから。
俺はヨコのことちゃんと想ってるよって全身で伝えたいから。


伝わるかな、ヨコに。




じっと見つめて数秒。
ヨコが耐えきれなくなって目を逸らしてしまった。
そんな姿に俺は笑う。



「ヨコがあかんやん。逃げる逃げへんの問題より、ヨコのシャイさが問題やで」


「そんなじっと見られたら誰だってそうなるやろ!」



「どうやろ?ヒナは何ともなさそうやけど」


「あいつを普通とせんとってくれ」





まあ、確かに。
ヒナは純粋かつど天然で有名やからな。


そこに常識人の横山さん比べてしまったら、全く違う気がする。



それにしても、いつの間にか離されて、なんかめっちゃ寂しい気持ちになった。


たぶんヨコは見られたことが恥ずかしくて俺を無意識に突き放したんやろうけど、なんやねん、それ、おれも寂しいやん。



ふと見舞われた気持ちに困惑する。




こうゆうことやったんかな?



確かめるためにヨコをぎゅっと抱き締めた。



あ、ヨコの香り。





「すばる!?」


「……………………」




抱き締めてみたけど、なんかちがう。


さっきと何がちがう?


驚くヨコを見つめて首を傾げて放す。



なにが……………あ!!





「………ヨコ!!」



これや!
そう考えついてヨコに向かって両腕を広げる。


甘えるように、ほら!と広げてヨコが抱き締めてくれるのをひたすら待ってみる。





「な、なに!?」


「ヨコ早く!」


「いや、だから………」


「俺を抱き締めてみて!」



言うてることが変なんは重々承知や。
分かってるんやけど、これしてもらわな答えが分からん。


そうこうしているうちに、ヨコがゆっくりと近づいて、恥ずかしそうに抱き締めてくれた。



「………やっぱり」



「これで、何が分かんねん」




ぎゅっとされて俺は笑みが零れる。

すごいなあ、って我ながら感心してしまう。




ほら、もう寂しくない。





「ヨコ………安心する」



「え?」




「ヨコが抱き締めてくれるのが一番安心する」




本音やから。
そんな顔せんと信じてほしい。


俺はヨコに傍におってほしい。



「すばるがおかしい」


「おい!なんでやねん」



ハハっと笑うヨコに怒る。
いつものたわいない光景やのに、心がすごく満たされる。


怒る俺をぎゅうっと抱きしめるヨコの手は少しだけ震えてて、
俺はそんなヨコを誰よりも愛しく想った。





「俺は、ヨコから離れへんよ」



「ん、そうして」




すごく短い言葉やけど、ヨコの気持ちが汲み取れる。

ヨコは俺がおらなあかんのや。




こう見えて、俺よりも弱くて繊細で、寂しがりやの生き物なんや。



ヨコの震える手に自分の手をソッと重ねて、




「ヨコも、離れんなよ」




と優しく悪態を吐く。



そんな俺にヨコはとても嬉しそうにはにかんでくれた。





end


スポンサーサイト



  1. 2016/02/05(金) 00:26:04|
  2. 横すば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そのままの君が好き∞横すば

.




「………好きだ」


「あー、みかんなあ、いい曲やんなあ」


「…っお前が!」


「………あ」
「…横ちょ?」
「何言うてんの?この人…」







ほんまに、何言うてるんやろ、俺。
あんな大勢のファンの前で。
いくら歌が上手かって、なんや感極まって、気持ちを素直に吐き出してもうたにしても…
あれは若いからとはいえ素直すぎるやろ。


あのすばるの呆れたような苦笑い。
ヤスの、うわあ~横ちょ~ってゆう哀れみの目。


俺も流石に心が折れそうやったで。




みかんってゆう俺ら三兄弟の歌が良すぎたんは確かやし。
それを歌ってるすばるをカッコいいと思ったんも確かやけど。

好きや、って気持ちはもうずっと前から持ち合わせてる気持ちで、なんやあの場所、あのタイミングで告白してしまった。

裏で聞いてたヒナにはさっき静かに慰められた。
「どんまい、ヨコ。あれじゃすばるには伝わらんよ」
「………おう。そんなもん言われんでも分かってる」

慰められたことで一層情けなさがこみ上げてきた。
はあ、と息をついて顔をあげると、隣にすばるがドカッと座る。
俺は少しだけびっくりして隣を横目で見やった。


「おつかれ」
「……お、おう」


すばるはこちらを見ないまま目の前の水を飲み干した。
相変わらず男前なあの顔は真っ直ぐ前を見たまんまで、俺はこんな時でも見惚れてしまう。


カッコええなあ。綺麗やなあ。って。



そして、二人の間に沈黙だけが流れる。
時計の秒針の音がやけに頭に響いて、俺もまた目の前の水に口をつけた。


いくら待っても話す気配すらないすばるに、俺は勇気を振り絞って話しかける。
いつも通り。
いつも通りで話せばすばるだって普通に接してくれるやろ。


「す、すばるBANDもやっぱカッコええよな!ほら、楽器できるって凄いわ」
「…………」
「俺は何も出来んからさ。喋るんが取り柄のアイドルってカッコ悪いやろ?」


すばるが俺の言葉に反応してくれる気配もなく、俺は必死になって話題を探す。
そんな一生懸命な俺をチラリと見たすばるは小さく笑みを零した。


「……笑った。すばる」
「はあ?俺かって笑うやろ」
「そ、うやねんけど。なんかいつもよりいい笑顔やった気が……」



また眉間にシワがよる。
それやない。
俺が求めてるすばるはそのすばるやない。

もっと自然体なすばるが好きなんや。

歌ってる時も。
笑ってる時も。
怒ってる時も。
俺とおる時も。

自然体なすばるが何より素敵やと思う。


「すばるはホンマにカッコええなあ」


黙ったまんまのすばるに独り言のように話しかける。
そんな俺の言葉を聞いてるのかいないのかすばるの態度はいっこうに変わらない。
それでも、隣に座ったまんま離れようとせんのは懐いてくれとる証拠なんかな。







「十分、やろ」

そんな矢先に口を開いたのは意外にもすばるで、俺はすぐに隣を見やる。


「喋れるアイドル。なかなか居らんで。俺が知っとる中で喋れるアイドルってヒナかヨコくらいや」




うわ。
なんや口開いたと思ったらまた俺の心が揺さぶられる。
凛としたその声に乗せられた言葉はいつでも真っ直ぐ心に突き刺さる。
嬉しくて、まるで調子にのってしまいそうなくらい。


「むしろ喋りだけのアイドルとか上等やん。カッコええよ、ヨコも」

「お、おう。なんや照れるな」

「色んなもんに挑戦して中途半端にしか出来んのやったら、ひとつのこと極めてる方がカッコええやろ?少なくとも、俺はそう思う」


そんなことハッキリ言えるすばるの方が誰よりもカッコええって気付いてんのかな?
気付いてへんやろなあ。
これ全部、自然体でやってることねんから。

ほんま怖いくらい魅力的やわ。



「ありがとう、すばる」

「何が?」

「いつも。お前には助けられてばっかりやわ」



ポンとすばるの頭に手を乗せて笑う。
そんな俺にすばるは目を丸くしてすぐ逸らしてしまった。


「なんやねんっ。別に…俺は」
「あ、照れてるん?すばる」
「……うっさい」



ほんま口の聞き方は相変わらずやけど、そんなとこは可愛いと思ってまうんやから、それもまたすばるの魅力やね。

いつもはあんなカッコええのに。
ちょっとしたことでムキになって突っかかってくる。
そういうとこは年齢よりも幼くて可愛い。


「なあ、すばる」
「…………ん?」

そっぽ向いたまま返事するんは恥ずかしいからかな。
俺は気にせずそのまま話を続ける。






「やっぱ好きや」
「…………………みかんが?」


「…いや、お前が」



俺の言葉に頬を赤くしたすばるは服の袖で口元を隠す。
隠してるけど目はいつもより優しくて、俺はそんな様子に満足してしまった。



「すばるは?俺のこと……」
「知らん」


ハッキリと言葉を遮られたけど、俺は笑ってしまった。
だって、その恥ずかしそうな笑顔は…




俺の大好きないつもすばるやったから。



end
  1. 2013/10/02(水) 06:22:17|
  2. 横すば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふたりの時間∞横すば

なんやろなあ。
こういうのなんて言うんやろ。
喋らんでもいい関係。
あかん、俺アホやから何も浮かばへん。
でも分かることもある。
こいつとやったら何時間でも、何日でも一緒におれんねんなあ、って。



「すばるー」
「ん?」
「あれとってー」
「……ん」
「おー、ありがとう」

なんで分かるんやろ。
自分でも不思議やねんけど、ヨコのことなら誰より分かってると思う。
でもな、たぶんな…


「なあ、ヨコ?」
「なん?」
「あの、あれや。あれ。昨日なあ」
「あー。大丈夫、気にしとらんよ」
「そっか。なら良かった」


なんや。気にしとったんか?
そう笑いながら俺の頭にポンと手を乗せてくるヨコ。
そんなヨコを伺いながら思う。
やっぱり、ヨコもや。
ヨコも俺が全部を話さんでも理解してくれる。
俺だけやない。
ヨコも同じなんや。

なんや。
なんか。
そういうの嬉しいな。
阿吽の呼吸とか言うんかな?
あかん。難しい言葉はあんま使われへんけど、嬉しいことに変わりないわ。


「何?なんか嬉しそうやん、すばる」
「え?…んなことないわ」
「なんで焦ったん?変なこと考えとる?」

なんやねん、変なことて。
俺がいくら変態やからって、いっつも考えとる訳ないやろ。アホか。


「なんでもええやろ」
「ふーん。ええけど?すばるが嬉しそうやと、なんか俺まで嬉しいな」


な、にを言うとんねん!
思わずヨコの顔を見てしまった。
見て、ほんまに嬉しそうな顔で笑うもんやからこっちが恥ずかしくなってしまう。ほんまアホや。


「アホやん。なんちゅー顔しとんねん」
「え?俺、顔出てた?うわー恥ずかしいな!」
「出まくりや!早よ、そのだらしない顔なんとかせえ」
「だらしないってヒドいわー」


恥ずかしくて顔が見れん。
ヨコがアホやから悪いんやで?
俺ばっかこんな振り回されて、納得いかん。なんやねん。


「あーーっ、もう!」
「はあ?何を急に叫んどんねん。びっくりするわ」
「叫びたくもなるわ!この天然横山!」
「天然は俺やないやろ。ヒナやろ」
「普通に返してんな!」


なんやねん、このやりとり。
しょーもないわ。
………
………
……でも。


「わからん!」
「それこそ分からんわ!」


こんな意味のない時間が楽しいてしゃーない。
俺はヨコとおる時間が幸せや。
隣にヨコがいて、ただ何も喋らんと黙って音楽だけ流して。
いく宛も特になくドライブとかして。
たまに喋ったと思ったら、こんなたわいないやり取りで。

他の奴から見たら面白くもなんともない、無駄な時間に値するかもしれん。

でも、俺にとってはめちゃくちゃ貴重で大事なんや。
それは、たぶん。
隣におるヨコも同じで。
お互いが同じこと思いながら一緒におるから、沈黙さえも心地よく思えるんやろう。
同じ想いを抱えるヨコやから、俺のことも分かってくれるんやろう。



「ヨコ……」
「ん?」

「いつも、ありがとうな」


俺の言葉に目を丸くするヨコが面白い。
俺はそんなヨコを見て思わず指差して笑ってしまう。

「なんやねん、ヨコ!その顔!」
「はあ?お前が急に変なこと言うからやろ!改まって何言うとんねん!」
「ははっ!いや、改まってやないと言われへんやん」


まあ、そりゃそうやけど。
ヨコはそう呟いて俯いてしまった。
なんや?恥ずかしいんか?
咄嗟に茶化してやろうとヨコが顔あげるん待っとったら、急にヨコが真剣な顔で……


「愛してるで、すばる」



なんて言うもんだから、思考停止。
さすがの俺もすべての時が止まってしまって、どう返していいか分からず頭の中がグルグル渦巻いてる。
でもヨコの言葉から冗談ぽさは感じ取れなくて、俺は何を思ったか、一生懸命に、「俺も!」と返していた。


そんな俺にヨコは優しく笑ってくれる。
ああ。俺はほんまに幸せ者や。


恥ずかしさのあまり、ヨコの胸に頭をグリグリと押し付け、暖かい掌を頭に感じる。
ポンポンとまるで赤子をあやすかのように撫でられるその手の暖かさが心地よくて、俺はギュッと目を瞑る。


「ヨコ、ほんまずるいわ」
「何がやねん。お前から振ってきたんちゃうんか」
「俺はええねん」
「アホ。それただのワガママや」


クスクス笑うヨコの声が頭に降り注ぎ、なんや、心まで温かくなる。
どこまでも、奥深くまで満たされるような不思議な感覚。
やっぱヨコはすごいな。

改めて実感したヨコの温かさが鼻の奥にツンと染みる。
それが何かは分からへん。
目頭がなんや異常に熱い理由も分からへん。

ただ、そんな俺にヨコが優しい事だけははっきりと分かる。


「なんや…嬉し泣きか?」
「ちゃうわ。花粉症じゃ」


はいはい、そうですか。
じゃあそういう事でいいですけどね。

そう言って嬉しそうに笑うヨコの顔があまりにも温かくて
俺は霞んでいく景色に優しく微笑んだ。



end
  1. 2013/03/21(木) 01:55:11|
  2. 横すば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あの子は彼女?∞横すば

「あの子ね、彼女気取りするんですよ」
「!?」


驚いたすばるを横目に俺は眈々とメンバーとファンに伝えていく。
「それはあかんって」そんな目で俺を見つめてくるすばるには悪いけど、俺かてたまにはすばる自慢したいんや。


「えー、何それ」
「横ちょの彼女なん?」
「例えばー?」


そう言って食いついてくるメンバーの目を見てみろよ。
面白くない、と今にも噛み付きそうな勢いやぞ。
そんだけお前はみんなから愛されてるんや。

だから、たまにはええやろ?

俺のやねんで、って自慢くらいさせてくれ。




「でな、助手席座っても無言やねん」
「ちょ、ヨコ!」


楽しそうに笑う俺に慌てるすばる。
でも、まだ止めてやらんよ。
俺だってお前にムカついてるんやから。

このMCの前にヤスと戯れてたんはどこの誰や?
コンサート前にはマルと楽しげで、ヒナとはまあ……しゃーないかもやけど、車移動は俺の隣じゃなくてどっくんやったやろ。

なんやねん、それ。

俺も大人気ないって分かってるよ。
でも面白くないやん。
俺かヒナが居らんと何も出来んかったお前が…俺ら居らんでも楽しそうに盛り上がってる。

俺だって妬くんやで。

「ステーキハウスも隣同士で座って…」

ごっつい睨まれてる。
「それはちゃうやろ。カウンターや!」すかさず突っ込んでくるすばるが可愛くてしゃーない。

そんな照れんでもええのに。
可愛いなあ。
可愛すぎて心配になる。

みんなもきっと今同じこと考えてるんやろなあ。
ヤスの目なんか恋してるで。
どっくんも甘いわー。
マル見てすぐ笑う……

あー。
俺ほんま情けない。ただのヤキモチとかガキやんなあ。
分かってるのに我慢できんのは重症や。

だからズルいとか狡いとか言われても、俺は少しずつすばるとの仲をみんなに伝えていく。
そんなんで引くようなメンバーじゃないのは承知の上。
でも、俺もそのメンバーの一員ってことを忘れんといてや。

「でも、すばるとは喋らんでも平気やねん、俺」
「……うん」
「なんでやろなあ。楽やな」
「…………うん」

頷いてばっかやけど、この顔は知ってる。恥ずかしいんやろ。
ほんま可愛いな。
ついでに分かりやすいわ。


俺は照れて黙ってしまったすばるを見て笑う。
そんな俺をすばるはチラリと見て逸らしてしまった。残念。
でも、それさえもただの照れ隠しやって分かってるから可愛いだけや。



いつもはあんなにもカッコええのに、いじられたら何も返せんくなるすばる。
俺はそんなすばるが大好きや。

だから、どんな時でも俺を誘って。
彼女気取りでもええよ。
いくらでも車出すよ。迎えにいくよ。
ご飯も一緒の仲良く食べようや。
ステーキ隣同士で食べてもええし。
俺はどんなすばるでも愛せる自信があるよ。


なあ、すばる。
そろそろ、俺だけのすばるになってくれへんか?
もういいやろ。
お前も気付いてるやろ、自分の気持ち。

「なあ、すばる」


好きやで。


振り向いた君は、次の言葉に驚き、真っ赤な顔で笑うのだった。



end

何気にヨコすばも好きなんです|*゚Д゚)ノ
  1. 2013/03/06(水) 01:25:24|
  2. 横すば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0